« 5月病? | Main | 完徹 »

対話

今日はずっと家にいた。
明後日(もう明日になっちゃった)の学会発表予行練習に向けて、発表準備。

全然整理していなかったフィールドノートや写真を引っ張り出して、悪戦苦闘が続く。
だらけていたツケがまわってきた。

フィールドで行われていた彼ら/彼ら、そして彼ら/僕の間の対話の断片たち。
そして、再び時空を越えて現在の僕との間での対話が交わされる。
(僕はこの文脈で「解釈」という主体を想起させるような言葉を使うのはあまり好きではない)

さらに、その対話を発表する学会という場でまた行われる対話。
(もちろん、それがちゃんとした「対話」になるような発表であればだけど・・・)

そういったそれぞれの対話の群が置かれる、意味と力の等高線のようなものに敏感であることを忘れないようにしながらも、その対話が何かを生み出すものであって欲しいと願う。
そうでなければ、彼らのリアルな生も、フィールドワークという徒労も、そして学的な営みさえも、無為なものに終わってしまうように感じるのは、少しナイーブなロマン主義なのだろうか。

しばらく眠れない数日になりそうだ。


|

« 5月病? | Main | 完徹 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 対話:

« 5月病? | Main | 完徹 »