« 声幽霊 | Main | 熊野本調査 »

書くこと

「書くこと」について反省的に考えてみるなんて、まだ少し早いかもしれない。
そんなことよりも、「書くこと」自体をエポケーしたまま書き続けるほうがいいのかもしれない。

それでも、考えてみようと思ったのは、この間ある人になぜ僕は書くのかと聞かれ「自己表現を超えた、自己確認や自己実現、またはカウンセリングみたいなものだから」と答えたことから。自分がその人にメールを書きながら、自分にとって「書くこと」がそういう意味を持っているんだとはじめて明らかに言語化したのに気づいた(そのやり取りもメールという「書く」作業の中で行われていること自体がすでに入れ子構造なのだが)。

別に僕に限ったことではないと思うが、自分と世界との距離に悩む人たちは、何らかの表現の形式で、その距離を埋めようとする場合が多いのではないだろうか。音楽にしても絵画にしても。

僕にとって書くことは、まるで精神科医のカウンセリングのように、自己と他者、そして世界の再解釈と再構築になっている。言葉を弄して、崩れ落ちてしまう砂の塔を必死で塗り固めているみたいに。あるいは、すでにそんなもの崩れてしまっているのに、あたかも崩れていないかのように塔について語り続けているみたいに。

別に、こういうことを「書くこと」で、もろい自分をさらけだし同情してもらおうとしているわけではない。

ただ、文化人類学を志す1人としては、そういう書くことのカウンセリング効果が果たしていい方向に働いているのかということには最近疑問を持っている。素朴すぎるかもしれないが、(自己との流動的な関係性を背景にした)他者のむき出しの生が魅力的でそこから学ぶことがなんと豊富なことか、という感覚に僕は突き動かされて、そこから何がしかの知見を得ようとし、最終的には1つの社会理論、あるいは思想へといざなわれていきたいと考えている。

けれども、そこにはかならず僕の自己確認と自己実現という欲求が含まれている。単純に言えば、僕は「彼ら」を道具的に利用して、「僕」の意見を主張しようとしているのではないだろうか。その意味で「書くこと」は僕にとって「内」と「外」の境界線上に位置している。

では、もっと素直に他者の記述に徹すればいいのだろうか?残念ながら僕は少なくともその方向には救いがあるとは考えていない。それは、「書くこと」が世界についてだけでなく自己についてのものであるということを忘却させるマッチョな跳躍にしか過ぎないから。

そして、どうせ自分のための作品なんだと割り切ることも同様にナンセンスだと思う。何について僕たちは書いているというのか?

「書くこと」にある無限のポテンシャルは、それが自己と世界の間に存在することであり、その中に自己確認や自己実現を併せ持ちながらも、それが閉塞しないで(出版文化という公的な意味も含め)外と関連しているから。

ちょうど、精液の放出による悦楽というまったく自己的な行為を通じて、他者との合一や(時には生命の再生産)を目指す性交という行為を僕たちが成し遂げるのと同じように。自己と他者(そして世界)の距離のありように僕らは快楽を見出す。

書くことが自分と世界の間にあるという感覚は、「世界と自分のバランスをとればいいんだよ」という大人な意見によっても救い出されはしないだろう。ただ、それがリスクなのか、可能性なのか、あるいはそのどちらでもあるのか、そういう問いへの答えを、僕は書き続けることの中で見つけ出していくしかないのだろう。

|

« 声幽霊 | Main | 熊野本調査 »

Comments

Thanks for finally talking about >書くこと: Azuma's Diary

Posted by: free music downloads | February 26, 2015 11:32 AM

Hmm it appears like your site ate my first comment (it was super long) so I guess I'll just sum it up what I had written and say, I'm thoroughly enjoying your blog. I as well am an aspiring blog blogger but I'm still new to everything. Do you have any recommendations for first-time blog writers? I'd genuinely appreciate it.

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 07:15 PM

My spouse and I stumbled over here from a different page and thought I may as well check things out. I like what I see so i am just following you. Look forward to finding out about your web page yet again.

Posted by: minecraft | April 07, 2015 06:05 PM

Its like you read my mind! You seem to know a lot about this, like you wrote the book in it or something. I think that you can do with some pics to drive the message home a bit, but other than that, this is fantastic blog. A great read. I'll certainly be back.

Posted by: match.Com reviews | April 08, 2015 06:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書くこと:

« 声幽霊 | Main | 熊野本調査 »