« モンスター | Main | モルモン »

ルサンチマン

この間、某研究会で、「事実」と「価値」を分けてできる限り客観的な記述をすべきという発表に対して、僕は質問した。すなわち、歴史叙述のようにこれまで事実とされていたものが価値によって構築され、また変更可能なものだとされるのであれば、純粋に価値から離れた事実などないのではないか?と。その発表者は、「私がいまここにいて発表している」というのが事実で、「私の発表はつまらなかった」というのが価値、つまり誰もが否定し得ないものが事実なのだと答えた。

それ以上の質問はしなかったのだが、それからずっと頭をよぎるのは、「今僕はここにいますか?」、そして「僕はつまらないですか?」という問い。そんなに素直に僕は自分の存在を何百人の前で確認できないので、それができる人がうらやましかったということ。

|

« モンスター | Main | モルモン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ルサンチマン:

« モンスター | Main | モルモン »