« はっ | Main | 屈辱 »

ドキドキ

自分の未来のために、少し遠くまで行ってきた。結果ももちろん心配だけれど、願えるだけで幸せだと思う。願うことや祈ることができなくなってしまったとしたら、一体僕たちには何が残されるというのだろう。

少しづつ、なりたい自分に近づけますように。

|

« はっ | Main | 屈辱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドキドキ:

« はっ | Main | 屈辱 »