« 掛け持ち | Main | 初講義 »

恋人なら…

「でも、お店のお客さんを好きになって付き合ったりすることもあるよね?」
「あるかも。でもそうしたらもうお客さんじゃないよ。それで、なるべく早くフィリピンに帰って結婚するよ。好きな人がいるのにお店で働けないし」

昨日は、A君と最近始めたチーム調査のインタヴュー。調査テーマは名古屋、栄のフィリピン人エンターテイナーについて。

フィリピン滞在は長くても、日本のエンターテイナー事情には疎い僕は、もう十分に蓄積のあるA君に便乗する形で調査をすることになった。下手糞なタガログと、あまりこの種の調査には役に立たない宗教の知識だけの僕を誘ってくれたのはなぜだろう。

昨日も、A君がお店に通って親しくなった女性へのインタヴュー。(それは調査テーマの重要なポイントでもあるのだが)店側に完全に管理されているエンターテイナー女性にはなかなか話を聞く機会が無い。そこで、こちらとしてはお店の管理範囲内で何とかインタヴューの機会を作った。

冒頭の会話は、そのインタヴューでの僕と彼女のやり取り。エンターテイナーというテーマに向かおうと思ったとき、僕にはいつものクセで、できるだけラディカルであろうという気分がすでにあった。彼女たち、お店、お客、そしてその延長線上にある「フィリピン」という社会的なイメージを徹底的にディコンストラクトするような調査をしてみたい。

ところが、ご覧の通り偏見にまみれているのは僕の方だ。何を考えてこんな質問をしたのかわからないけれど、多分「お店でエンターテイナーとして働いているこの人たちにも、つねに店の客としてではなく、人間対人間で、時には愛情を抱くような関係を構築することはあるのではないだろうか」なんて思ったのだろう。でも、気づいていなかったのは、そんなことは当たり前で、それどころか、誰かを好きになったら夜のお店でエンターテイナーとして他の(ほぼ男性ばかりの)客と接することも嫌になってしまうだろうという当たり前のこと。自分にひきつけてみよう。自分の好きな人が毎晩何人もの男性と出会い親密に会話をする状況にあるとしたらどうだろう。自分が誰かを苦しいくらいに愛していたら、他の女性との出会いの場にそうそう出て行く気にはならないだろう。大体、自分は元エンターテイナーで、元お客だった日本人男性と結婚して、子供を生んで、幸せに暮らしている人たちをフィリピンで何人も知っているではないか。

そんなこんなで、これはナイーブでヒューマンぶった姿勢をまずは徹底的に考え直すことから取り組まなくてはならない案件だということ。インタヴュー後、3人でフィリピン料理を食べに行って、やっと肩の力が抜けてきて、自然に話をすることができるようになった。インタヴューに応じてくれた彼女がとても素直でいい子だったことが救い。残念ながら用事があってその後お店には付き合えなかったが、今度、彼女に会いにお店に顔を出してみようかという気分になったのは本当の話。この調査、どうなることでしょう。

|

« 掛け持ち | Main | 初講義 »

Comments

フィリピン人の妻を持つ身として、知っているようで知らない世界(真実)・・・。非常に興味があります。
お客さんとして(或いは恋人としてでも)、中々エンターテイナーとしての彼女たちの真実は判らない事が多々ありました。
(彼女たちにハマってしまわぬ内に)今後の調査に期待しております。

(azumaです。この部分でなされたyuanさんの大変重要なご指摘により、本文を一部分修正しました。僕の全面的なミスで、大変恥ずかしい限りです。yuanさんのコメントに関しましても、この部分のみ削除させていただきます。申しわけありません)

今後の調査内容に期待しております。

Posted by: yuan | September 26, 2005 03:08 PM

yuanさま

ご指摘の部分、早速修正いたしました。貴重なご指摘ありがとうございました。また、コメントにつきましても一部分修正させていただきましたが、よろしかったでしょうか。

文中で、もっとしっかり自覚を持たなくてはこの調査ができないといっているにもかかわらず、同じ文章内で同種のミスを犯してしまうこと、恥ずかしい限りです。

この失敗から学んで、調査に活かしたいと思います。コメント、本当にありがとうございました。

Posted by: azuma | September 26, 2005 03:54 PM

yuanです。

差し出がましい真似をしてしまい恐縮です。

このご時勢ですから、色々と言葉を選んでしまいますよね。数少なくなったタレント(エンターテイナー)の方たちや、全国のPPファンの皆さんにご迷惑が掛からなければと思い指摘させて頂きました。

今回調査して頂いている内容に関しては、所謂グレーゾーン事項も多々あるかと思います。出版物では取り上げられているようですが、ネット上では私の知る限り存在しないようですので、是非完遂出来るよう頑張って下さい。

心より応援しております。

Posted by: yuan | September 27, 2005 10:45 AM

Amazing! This blog looks just like my old one! It's on a entirely different topic but it has pretty much the same layout and design. Outstanding choice of colors!

Posted by: best dating sites | December 02, 2014 05:51 AM

WOW just what I was searching for. Came here by searching for best dating sites

Posted by: best dating sites | January 15, 2015 10:07 AM

I believe that is among the such a lot significant information for me. And i'm satisfied reading your article. However should observation on few normal things, The website style is wonderful, the articles is in point of fact excellent : D. Good task, cheers

Posted by: payday loans no credit check | February 07, 2015 02:25 PM

I'm not sure where you are getting your info, but great topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for excellent information I was looking for this information for my mission.

Posted by: match.com | February 10, 2015 05:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恋人なら…:

« 掛け持ち | Main | 初講義 »