« フォーマット | Main | 堕落 »

投稿論文修正、講義準備

今日は一日中家で仕事をしていた。平日昼間、ゴミ捨てや布団干しで出くわす近所の奥さんの視線が微妙に冷たく感じられるが、こういう日は僕のような人種にとってとても貴重だ。タイトルもまるで研究者みたいでしょ。

先週刺激を受けたので、何が何でも早く某学会誌に掲載してしまおうと投稿論文に取り組む。査読後のコメントを一読した感じではそれほど大きな直しにはならないとたかをくくっていたのだが、実はちゃんと読むとコメントがかなり深いことに気づく。あたりまえか。いろいろ考えるが、名案が浮かばない。そこでもう1本、投稿準備中の論文の直しに取り掛かる。こちらもピア・レヴューのコメントに対応するのが相当大変。真剣で鋭くてためになるコメントをくれる友人が周りにいることには感謝するが、それに中々答えることができない自分が腹立たしい。とにかくこの2本、早く世に送り出さないと。

その後、非常勤の準備をする。明日の勤務先には初登校だが、すでにもう1校で講義を経験しているのでそれほど緊張はしない。それよりも、人類学という名のついた講義をすることに変なプレッシャーがかかる。文化って?人類学って?って考えていると、昔はとてつもなく凡庸でつまらなく思えた教科書に自然に手が伸びる。なるほど、こういう本は講義をする人たちのためにあったのかと納得する(本当は違うかもしれない)。その中に、自分が学部の頃受講した講義で購入した(させられた)人類学の教科書が。その講義、先生の顔も名前も、ましてや授業内容すら記憶にない。単位をとったかどうかもはっきりしない。留学から帰って来て院受験を決めて勢いで履修したが挫折したような記憶がある。その時、自分が想像していた文化人類学と講義の内容がずいぶん違ってびっくりしたような気がする。で、今僕の手元に残ったのは当時は(今でも)高く感じた2冊の上下巻の教科書。そんなもんだろう。

|

« フォーマット | Main | 堕落 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 投稿論文修正、講義準備:

» 別冊ネットアイドル [別冊ネットアイドル]
ネットアイドル「ま○18歳」ついに脱いだ! [Read More]

Tracked on October 07, 2005 01:48 PM

« フォーマット | Main | 堕落 »