« イヴの過ごし方 | Main | 大晦日 »

片思い

ようやく少しゆっくりする時間ができたので、読みかけの本を今年中に終えてしまうことにする。

1冊は、落ち着いたら読もうとおいてあった『ハチミツとクローバー』の第10巻。ストーリーも雰囲気も何となく好きだったのだが、やはり一番ひきつけたのは主要登場人物の全員が全員に対して片思いをしているというものすごい設定だろう。その片思いの連鎖は、もちろん切ないのだが同時につねになんらかの希望を残し続けている。こっけいなくらいの男女間のすれ違いは、それ自体が関係性の開放性を生み出しつつ、いわばディスコミュニケーションというコミュニケーションが形成されているとでもいおうか。関係性への命名(「私たちって付き合っているの?」)による暴力的な囲い込みはそこにはない。僕達は、いつから関係自体を生きることができなくなってしまったのだろうと、ふと思う。

もう1冊は『偶発性・ヘゲモニー・普遍性』という対談(論争?)集。バトラーとラクラウとジジェクが新たな対抗政治のあり方について激しく議論を交し合うエキサイティングな内容だった。「わたしはジジェクと組んでバトラーに対してラカン理論を擁護し、バトラーと組んでジジェクに対して脱構築を擁護し、バトラーとジジェクは互いに組んで私に対してヘーゲルを擁護している。逆説的にも、この同盟関係の行き詰まりこそ、わたしたちの対話のいちばんの成果であると言いたい」(p.372)というラクラウの言葉に示されているように、ここには何ひとつの一致などみられず、ただ問題についての意見やコメントや批判のみが繰り返されている。個人的には、まさに父的なジジェクの圧倒的強さと、ラクラウのヒーロー的な正しさに対し、バトラーの歴史性や個別性へのこだわりがやや弱く見えたのは僕の欲望だろうか、それとも性的差異への嗜好だろうか。それはさておき、学的営為とはつねに説得と誤解の繰り返しであることを再確認する。ときに、何か「しっくり」とくるような理論に出会っても、それが完全に自分の論を説明しつくすことはなく、知れば知るほどその理論とは疎遠になっていく。

自分もこれまでずいぶん色々な理論に出会い、感銘を受け、誤解し、流用し、そして離れてきたことを振り返りながら、その中でこれが最強というものに出会わなかったことが不安でありつつも、自由だと感じる。そうやって対話を繰り返すことだけが継続していくのだろうか。

そして、そんな片思いを続けていくのは研究者としては望むところだけれど、恋愛に関してもはたして同じことがいえるのだろうか。それはわからない。

|

« イヴの過ごし方 | Main | 大晦日 »

Comments

研究の世界だけでなく、我々が生きているそれぞれの「日常」における「コミュニケーション」の内容というのは、説得という行為と誤解なのかもしれない、とふとこれを読んで思いました。
恋愛の片想いが唯一違うのは、学問や通常の人付き合いほど冷静でいられなくなる(「自由」と感じる余裕が無くなる)、ということではないでしょうか?

Posted by: terimakasih | December 28, 2006 05:48 PM

>terimakasihさん

コメントありがとうございます。

そうですね。あの人を振り向かせたいと願う瞬間には、ズレや齟齬を楽しむ余裕はないですね。でも、ときにその余裕のなさを自虐的に楽しむ自分がいます。

今年はいろいろお世話になりました。来年もよろしくお願いします。良いお年を。

Posted by: | December 31, 2006 07:39 PM

Wow, this post is good, my sister is analyzing these kinds of things, so I am going to inform her.

Posted by: minecraft.net | September 06, 2014 01:42 AM

Hello, this weekend is pleasant in support of me, since this time i am reading this great informative article here at my house.

Posted by: from quest bars | September 09, 2014 06:12 AM

I loved as much as you'll receive carried out right here. The sketch is tasteful, your authored material stylish. nonetheless, you command get bought an edginess over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come more formerly again since exactly the same nearly very often inside case you shield this hike.

Posted by: quest bars | October 02, 2014 04:46 PM

Thanks for finally writing about >片思い: Azuma's Diary

Posted by: Quest bars | October 12, 2014 04:49 PM

Very good post. I definitely love this site. Keep writing!

Posted by: Best Dating sites | November 12, 2014 02:04 AM

I love reading through a post that will make people think. Also, thanks for allowing me to comment!

Posted by: buscando amigos | November 19, 2014 11:45 AM

Thank you, I've just been searching for info approximately this subject for ages and yours is the best I've found out till now. However, what in regards to the bottom line? Are you certain concerning the supply?

Posted by: free music downloads | February 08, 2015 01:36 PM

Thanks for finally writing about >片思い: Azuma's Diary

Posted by: 1 Hour loan no credit check | February 11, 2015 06:52 AM

Thanks for some other informative site. The place else could I get that type of info written in such a perfect way? I've a undertaking that I am simply now running on, and I have been at the glance out for such information.

Posted by: Minecraft free | March 28, 2015 01:47 AM

Hi it's me, I am also visiting this website daily, this web page is truly fastidious and the users are really sharing nice thoughts.

Posted by: mujeres hermosas fotos | April 09, 2015 01:50 AM

There is definately a great deal to know about this subject. I really like all of the points you made.

Posted by: quest bars | August 16, 2015 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 片思い:

« イヴの過ごし方 | Main | 大晦日 »