« クリアランス | Main | 終了と決定 »

やられた

最近、伊坂幸太郎にはまっている。『重力ピエロ』を読んで、なんだ評判ほどでもないと思っていたら、そのうちあの「あれ、あのときはそれほどこなかったけれど、もう1回どうしても食べたい」という病気にかかってしまった。

そして、今回は『アヒルと鴨のコインロッカー 』もうやばすぎ。1つ1つのセリフ、1人1人の登場人物がすごすぎる。そして、法のギリギリの限界に、正義が一瞬見え隠れする思想的なプロットって、彼は小説家なの?もし、僕が将来/過去に小説を書く/書いたとしたら、こんな小説を書きたい/書きたかった。そんなさわやかな挫折感を与える、素敵な作品だった。

|

« クリアランス | Main | 終了と決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やられた:

« クリアランス | Main | 終了と決定 »