« 今年もまたあの季節が | Main | なれるのか? »

格差・リスク・物語

もう先週のことになるが、金曜日に大学の芸術祭に顔を出して、学生の吹奏楽、アカペラ、演劇、ピアノなどの発表を聴いたり観たりした。特に、演劇は知っている学生が、普段のおとなしい姿とはうって変わったはじけた演技を見せてくれて、久しぶりに役者心が揺さぶられた。何かに力を注ぐことは、それが直接的な対価を求めないほど美しい。

ところで、その直前にあったゼミでは、『希望格差社会』を読んだ。それぞれの教育に応じた職業へ個々人が分配されるという安定した「パイプライン・システム」は、社会のリスク化と二極化によって崩壊し、パイプラインから「漏れ」る若者たちはニート化する。どうしようもなさが社会を覆い、「がんばってもどうにもならない」という選択の不可能性と、「これ以上悪くなりたくない」という選択の受動性という2つの諦めが蔓延する。

そんな議論に、珍しく皆が<わがこと>として議論を進める。就職活動を目前に控えた学生にとって、国公立大学を卒業してホワイトカラーの職業に就くという漠然としたシナリオは、つねにリスクを含んだ不確実性にさらされ不安は募る。そんな発言を聞きながら、自分の求職中の連敗による挫折感と不安感を思い起こしつつ、いったい大学で教える人類学者は、少しでも学生の不安を解消することができるのだろうかという無力感に襲われる。もっとも、大きくは演習の単位を出して卒業可能にすることがパイプラインを円滑に流すことに貢献するのだろうが。でもそれだけなのか?

格差やリスクという語彙で社会を語ることは、社会の様々な矛盾に光を当て、問題改善に向けた意識を高めることに役立つのは間違いない。しかしながら、同時にその語り口が何か別種の大事なことを見失わせてしまうのでないか、とも考えさせる。ある問題を誰にでも当てはまるように客観的な因果関係で語るリスク的発想に対して、他ならぬ自分の問題として責任を引き受けながらそれに応答していくための物語が僕たちには欠如しているのではないだろうか。そんな物語の可能性について、土曜日の学会では災因論という観点から話してみたいと思う。

分かってもらえたかどうか、よせばいいのに学会発表の内容を学生にひとしきり説明した後、たとえ就職に直結しなくても、大学生活のすべてが1人1人にとっての大切な物語になりますように、とひそかに願った。

|

« 今年もまたあの季節が | Main | なれるのか? »

Comments

共感しました。

僕ら教師の役割は、とりあえず目先の役に立つことじゃなくて、もっと大局の視点につながることだ、なんて開き直ることも多いし、それはそれである意味正論なんでしょう。僕らとしては、僕らの持つ様々な物語を分かち合って、後はそれぞれで頑張ってもらうしかない、という面もあるし、それが彼らを大人として送り出していく、という教育の目的ともある意味かなっているのかもしれない。

けれど、でもやはり、ほんとこの人たちの目の前の苦悩と挫折と向き合わずして、教師づらするのも何か罪悪感がある、というのが時々避けがたく感じることです。とはいえ、何が出来るのかしら…。

Posted by: Sammy | May 30, 2007 01:08 PM

>Sammyさん

こんにちは。僕の専門は特に就職とのリンクが弱いので、色々考えます。例えば、英語教師になることを目指している学生が英語学や英文学のゼミに所属するのとは異なって。でも、それすら最近は難しいようで、やはりパイプラインはうまく機能していないようです。難しいですね。

でも、そんなリスク社会で自分の物語を豊かにするために、大学生活は楽しく充実しているのが一番だと思います。

Posted by: azuma | May 30, 2007 04:53 PM

If you are going for most excellent contents like myself, only pay a quick visit this site everyday as it offers quality contents, thanks

Posted by: best dating sites | January 17, 2015 11:27 AM

You could certainly see your skills within the work you write. The arena hopes for even more passionate writers such as you who are not afraid to say how they believe. Always go after your heart.

Posted by: fotos mujeres bonitas | January 29, 2015 10:47 PM

I'd like to thank you for the efforts you've put in writing this site. I am hoping to see the same high-grade blog posts from you later on as well. In fact, your creative writing abilities has encouraged me to get my own, personal site now ;)

Posted by: minecraft free download full version | February 07, 2015 03:19 PM

I loved as much as you will receive carried out right here. The sketch is tasteful, your authored subject matter stylish. nonetheless, you command get got an impatience over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come more formerly again as exactly the same nearly very often inside case you shield this increase.

Posted by: Minecraft For free | February 12, 2015 09:44 PM

Hey there this is kinda of off topic but I was wondering if blogs use WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML. I'm starting a blog soon but have no coding know-how so I wanted to get advice from someone with experience. Any help would be greatly appreciated!

Posted by: free music downloads | February 19, 2015 02:09 PM

I like the valuable info you provide in your articles. I will bookmark your blog and check again here regularly. I am quite certain I'll learn many new stuff right here! Good luck for the next!

Posted by: mujeres Lindas sin ropa | March 05, 2015 07:58 AM

Excellent web site you have here.. It's difficult to find good quality writing like yours nowadays. I seriously appreciate individuals like you! Take care!!

Posted by: Minecraft games | March 26, 2015 06:49 PM

Very good blog! Do you have any tips and hints for aspiring writers? I'm hoping to start my own website soon but I'm a little lost on everything. Would you propose starting with a free platform like Wordpress or go for a paid option? There are so many choices out there that I'm totally overwhelmed .. Any tips? Thank you!

Posted by: match.com free trial | April 10, 2015 10:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 格差・リスク・物語:

« 今年もまたあの季節が | Main | なれるのか? »