« 他者の欠如と過剰 | Main | 梅雨のプロペラ »

なぜ労働するのか

宮崎は暑い。

最近、学生の進路希望について面談する必要があって、色々将来のなりたいものや、やりたいことを聞いている。ところが、この役割は僕にはいささか荷が重い。なぜなら、企業や役所での勤務経験がある教員とは違って、今の仕事に就くまでまともに労働したことがなく、当然一般の就職活動経験もないからだ。

思えば、父が小さな会社を経営していたので幼い頃は漠然と跡を継ぐかもしれないと思っていたし、高校と大学の間はひたすら真面目に役者になることばかり考えていた。そして、院進学後は研究を続けているうちに、研究者になるしか道がなくなってしまい、現在に至るということになる。

そんな経緯だから、カブトガニになりたいとか羊飼いになりたいとか船乗りになりたいとか(実話)、そういう学生の進路希望を聞いていても、「ねえ、君それはまずいよ」という気分にはならなくて、「ああ、それも楽しいかもね」と思ってしまう。でも多分、学校側の意図としては、なるべく早いうちから職業や労働についての意識を高め、就職活動を順調に滑り出してもらいたいというものだろうから、課された任務としては、いわゆるまともな職に就いて卒業したら働くんだという決意を固めてもらうように導く、ということになるだろう。

で、浮かんでくるのは「なぜ、労働する必要があるのか」という根本的な問いだ。いや、もちろん生活を維持したり豊かにする経済力を得るためだと答えるのが簡単なのは知っている。でも、それならば、原理的にはできるだけ楽でできるだけ高収入の職業に就く方が望ましいということになるし、また、男女を問わず配偶者や家族の収入に依存することだって可能だろう。さらに、別に正規の雇用形態でなくても例えばフリーターだって収入は得られる。それに対して、やりがいだとか、プライドだとか、安定だとか更なるオプションがついてくることも十分知りながら、でもやはり「なぜ、労働する必要があるのか」という問いにはしっくりくる答えがない。だから僕は、学生と一緒に、そもそもなんで働かなければならないんだろうね、と首を傾げてしまう。

では逆に、大学を卒業して就職して労働することを当然のものとして受け止めることができる学生はどうだろうか。一概にはいえないが、どうやら多分、そこには「不安感」が大きな要素としてある。経済力や生きがいや尊厳や安全は、労働しても確実に得られるかどうかはわからないが、労働しなければたぶん状況はもっと悪いことになるだろうという漠然とした不安。自分の人生なんて、最初にすべて予見することはできないし、それはきっと自分の手の届かないところで様々な原因や要素が絡み合って決定されているかもしれない。だから、どれほどあがいたって何一つ手に入れることはできないかもしれないけれど、でも何もしなくては多分もっとひどい状況に陥るかもしれない。不安を払拭することはできないけれど、不安に駆られて労働するというイデオロギー的状況。人生の結果(そんなものがあればだけれど)を決定するのが神であったとしたら、それはウェーバー的なんだけれど、そんなとりあえず信じておくことができる神すら不在の世界で、正体の見えない不安への唯一の処方箋が労働するということなのだろうか。でも繰り返すけれど、どれだけ労働したって不安は完全にはなくならないのに。

もちろん、「卒業しても働かなくていいんだよ」っていおうとしているのではない。むしろ、夢に向ってまっすぐに進んでほしい。強く願えば願うほど夢は近づいてくるって自分も信じている。でも、それとは少し別の次元で、「労働する」ということ自体がいったい何を意味しているのか、それを当たり前のものとして飲み込むことがどのようなイデオロギーを生み出しているのか、どんな社会がそのイデオロギーを必要としているのか、つまりは誰が誰のためになぜ労働しなければならないのか、そんなことに疑問を抱く「労働者」の自分がいることに気づいた。

久しぶりに教育テレビの「はたらくおじさん」が観たくなった。

|

« 他者の欠如と過剰 | Main | 梅雨のプロペラ »

Comments

お久しぶりです~
偶然私も、本日仕事に関するブログを書いておりました。
最近「ながれるくものごとく」をやめて
こちらに変えましたので↓
http://ameblo.jp/resham-firiri

気が向いたらまたあそびにきてくださいませ☆

Posted by: YUKO | June 29, 2007 01:49 AM

けんたろうさんは羊飼いになりたいとか船乗りになりたいと言う学生さんの方が
話しやすいのではないでしょうか?

『誰が誰の為に働くのか…』
学生の頃は就職にも仕事にも夢がいっぱいでした。
むしろ今の方が、”正体の見えない不安への処方箋”のように労働してるかもしれません(悲)
もう十分、どれだけ労働したって不安は完全になくならない事は分かってるのにな…。

でも、カブトガニになる希望は…?思わず笑いました☆

Posted by: りー | June 29, 2007 10:24 AM

ひつじかいは、少しいいですね。
私は虫の治療をする虫医がいいと思います。

私の友人は、神社で神主さんがお祓いをする際に、大麻(おおぬさ)に猫が寄ってきてじゃれるのを防ぐ「猫払い」という仕事をしたいと言っておりました。(残念なことに、まだそんな職業はありません。)

虫医や猫払いはさておき、
新しい発想は起業にもつながるわけで、あながち否定しなくてもいいのかも。

Posted by: たんも | June 29, 2007 11:46 AM

>YUKOさん

こちらこそ、ご無沙汰しています。先日、綾の吊橋の先の、照葉樹林を散策してきました。

ブログ、読みましたよ。「楽しさ」も重要な労働の意義ですよね。お仕事、大変そうですが、がんばってください。

>りーさん

はい、僕も学生と同じく、仕事に対して実感がわかないから一緒に考えられるみたいです。でも、30過ぎて、日々一生懸命働いている人たちのリアリティを共有できないのは、おかしいですよね。お仕事、お疲れさまです。

そうそう、カブトガニは、何となくイメージがいい(?)みたいですよ。

>たんもさん

ある学生は、靴ひもの先っぽの硬い部分を固める仕事がいいっていってました(笑)。たしかに、新しい職業を考えるのは、ベンチャーの第一歩ですね。でも、儲からなさそう。

Posted by: azuma | June 29, 2007 08:42 PM

公立大生です!!
4年なんですが、役者になりたいという想いをただ抱えています。
というか、その道でしか自分がイキイキと生きていけない気がして。
周りが就活で頑張っている中「就職って何なんだろ」って考えてばかりいます。

Posted by: 0210 | July 12, 2007 09:02 PM

>0210さん

はじめまして(ですか?)。

役者の道は大変で、リスクも高いですが、僕も一度志したことがあるのでその魅力は十分に分かります。状況が分からないので何ともいえませんが、それほど想いが強いのならば、まずは大手の俳優養成所や劇団のオーディションを受けて、適性を探ってみては?

現在は、就職活動中ですか?僕の芝居仲間の中には、就職した後、社会人劇団で役者を続けている人も何人かいます。社会的・経済的に不安定な状況で役者を志すよりも、より集中して打ち込めるといっていました。それも一つの考え方ですね。

いずれにしても、後悔はしないように、最適な道を選び取ってください。何の役にも立ちませんが、研究室に来たら話を聞くくらいはできますよ。

Posted by: azuma | July 12, 2007 10:17 PM

一方的によくお目にかかっています!!(講義を受けたことがあるので)
「瞑想中」以外の時にいずれお話聞いてください。

Posted by: 0210 | July 13, 2007 12:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ労働するのか:

» 海外就職での職業は [海外就職はアルク海外就職で求人情報もありホテルや調理師の就職もしたい!]
海外就職では労働ビザが必要となるということは、以前申し上げたとおりですが、この労... [Read More]

Tracked on July 05, 2007 01:21 PM

« 他者の欠如と過剰 | Main | 梅雨のプロペラ »