« 吉報はフィールドで | Main | バリからのメール »

博士になっても

ロハスのフィールドワークでは、火曜日と金曜日が一週間で一番忙しい(次に忙しいのは、ミサや洗礼、葬式など宗教行事が重なる日曜日)。

火曜と金曜は、精霊の力が最も強まる日であるといわれ、その日のみ活動したり、その日にだけ特別な儀礼などを行う呪医もいて、訪れる患者の数も一番多い。それに加え、同じく調査対象にしているカリスマ刷新運動Divine Mercyがロハス市内で活動するのも火曜と金曜。僕はその両日には、複数の呪医を訪れ活動を観察しつつ、隙を見てDivine Mercyの活動を観察に行くというハードなスケジュールになる。

金曜日は、久しぶりに友達のバイクの後ろにまたがって、朝から呪医3人とDivine Mercyの活動を見てきた。呪医の病治しも、Divine Mercyの癒しや憑依も、何百回も見てきたものなので特に目新しいことは期待していなかったが、行く先々で例の「いつ帰ってきた?」から始まって、近況を聞けるのがうれしかった。例えば、大きな病気にかかったとか、最近は娘が活動を手伝っているとか、誰々が死んだとか、最近はこんな奇跡が起こったとか。どうやら、その中でもそろそろ後継者が誰になるかという話がちらほら出てきているようで、その点については研究としても興味を強く惹かれた。

ところで、相手方の話を聞くだけでなく、向こうから僕に必ず尋ねてくることがいくつかある。まずは、「調査は終わったのか?」という質問。ほとんどの調査対象者は、僕が日本の大学に所属している研究者で、博士論文のために調査をしていることをよく知っている。前回まで、僕はずっと「もう少し」と答えなければならないことに、せっかく協力してくれる人たちに対して気の重さを感じていたのだが、今回は一応「論文は提出して、博士号をもらった」と答えることができた。あの人たちの生活や知識を学ぶと称しながら、結局はそれを自分のポジションや収入のために活用している収奪の構図に開き直るつもりはない。けれども、僕の報告を聞いて本当に喜んでくれるあの人たちを見ると、少なくとも何らかの成果は出せてよかった、またこれからも出さなければならないという気持ちになる。

次に必ず聞かれる質問は「結婚はしたのか?」というもの。これは日本でもいつも聞かれ慣れていることだが、結婚年齢が相対的に若いフィリピンではその切実さがまた違う。これまでは、学生だからとか職がないからとか何とかかわしてきたのだが、今となっても結婚しないのは多分単純にできないからだと思われたのか、結構まじめな顔をして「日本で見つからないなら、フィリピンで探せ」と強く勧められるのには困った。まあ、国籍はとにかく、早く何とかしろということだろう。

もう1つ、これはDivine Mercyで必ず聞かれる質問で、「真実の教えは見つかったか?」というもの。カトリックの熱心な信徒集団であるカリスマ刷新運動Divine Mercyでは、僕の調査が研究目的であることを確かに知りながらも、実は僕が真実の宗教を見つけるために神に導かれてやってきたという解釈をしている。そのことは、聖母マリアが憑依したある女性の言葉によって、預言としてメンバーに伝わっている。確かに、そういう一面もないわけではなく、カトリックへの改宗はずっと僕の中での大きなテーマとなっている。しかし、そんな漠とした迷いよりもはるかに強く、メンバー達は真実の教えとはすなわちカトリックであると当たり前のように疑っておらず、それゆえいずれ僕はカトリックに改宗する運命だと考えているようである。そこで今回聞かれて、「いや、実はまだ何が真実の教えなのか、わからない」と素直に答えると、「これだけ何年も調査をして、論文を書いて、博士号まで取ったのに、まだお前はわからないのか」とあきれられてしまった。「そうだ、だからこうやって何度も戻ってきてあなたたちの活動をじっと観察するんだ」というと、その男性ヒーラーは仕方ないなという顔をして、向こうの方に行ってしまった。

そんなわけで、今回はお世話になった調査協力者に対して報告することがあって喜んでいたのだが、結局博士になっても結婚もできなければカトリックでもないと、相変わらず「まだまだ」の烙印を押されてしまった。そうやって、仕事=研究だけでなく、人生のバランスの取れた人としての成長を、多分僕はここでの生活の中から学んでいる/いくのだろう。それは、万が一(ありえないけれど)僕が偉い人みたいに扱われることより、断然うれしく願わしい状況だと思っている。

|

« 吉報はフィールドで | Main | バリからのメール »

Comments

previous mobile phones and operates in conjunction with the onscreen QWERTY keyboard. There are some applications that help the users to learn through various illustrative presentations. There is an integrated micro - SD card slot which comes with a pre-installed 2 GB memory card, however this can be replaced with a memory card of up to 16 GB meaning users have the potential to store a large number of files be they photos, videos, music or documents.

Posted by: clash of clans server hack | October 08, 2015 08:07 PM

Pla - Smart Perplexus Maze Game is a challenging and a fun game in which the player has to move a small marble around different tracks within a transparent sphere. Jon Smith is a writer and is interested in topics related to Tech - Wench. Listen in to control towers around the world and never again wonder if your flight will be called to board while you're hanging on for dear life in the men's room stall.

Posted by: cheat coc gems android | October 10, 2015 12:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 博士になっても:

« 吉報はフィールドで | Main | バリからのメール »