« タイへ | Main | 学校で伝統を教えるには »

他者のフィールド

チェンマイ2日目。

たまたま滞在していたIさんと連絡をとって、待ち合わせる。少し観光などしてから、タイ・マッサージ研究者である彼女のフィールドに行って、伝統医療のクリニックでのマッサージ教育の現場を見学する。その後、実際にクライアントとしてタイ・マッサージを経験する。2時間で250バーツは安く感じる。感想は、これまで経験したどのマッサージと比べても、下半身により比重がおかれているというもの。2時間たっぷり診察(あくまでタイ伝統医療のクリニックでの治療なので)を受けて、さらにIさんのレクチャーを聞く。結論としては、人類学者のフィールドを訪れて、案内してもらったり解説してもらうのは、とても贅沢だということ。その後も、タイ人の友人達との夕食にも招いてもらって、楽しい時間を過ごすことができた。ありがとうございました。

明日からバンコク。ミッションとしては、観光客向けのマッサージを受け、伝統医療としてのマッサージと比較すること。あと、バンコクのタイ・マッサージ治療と教育の現場を見学すること。まったく現地の言葉ができなくても、何とかフィールドワークは進行中。

|

« タイへ | Main | 学校で伝統を教えるには »

Comments

「マッサージ治療と教育」
     ↓
大変興味あります。そっちの道でも専門家&教育家になりたいものです♪

Posted by: みのりん | September 05, 2007 02:18 AM

>みのりんさん

お元気ですか?コメントありがとうございます。

そのIさんは、タイ・マッサージで博論を書いて著書をなしている専門家ですが、ご自身もマッサージ教育を受けた実践者です。

今回のタイの調査で、マッサージは近代医慮と伝統医療、知識と身体、理論と感覚といった様々な二分法の「あいだ」にあるとても興味深いアリーナだと感じました。

いっそ共同研究でも始めますか?書類ではみのりんの役割は「アロマ・マッサージ実践者」で。ぜひまた、ご教授ください。

Posted by: azuma | September 05, 2007 03:51 AM

こんにちは。ボラカイから,興味津々なちぃです。
人の手が触れるマッサージの癒しってすごいですよね。フィリピンの日ロットも然り。最近は,こちらもスパブームですがやはり原点は,人が触れるほど近くにいて,自分を癒してくれるという安心感なのでしょうかね…。

看るの字が手と目で成り立っているというのも,偶然じゃないんだろうなといつも思います。ひとをしっかりみることと(こうなってくると適当な漢字が選べませんね…)きちんと触れてみることの大事さって言うのもこういうことなのかなーといつも思います。

またまた続きを楽しみにしています。今日のボラカイはまたもや晴れ。正面の海もべたなぎです。

Posted by: ちぃ | September 05, 2007 01:17 PM

いいなァ~~~
マッサージ。私も受けてみたい(^▽^)
250バーツとは、日本円でどのくらいなんですか?
伝統医療を比較かァ~。
日本の保健医療の専門に携わる者としては、とっても興味あります。
また教えてくださいね^^

Posted by: Mikarin | September 05, 2007 08:19 PM

先日はマニラでお世話になりました。
本当にありがとうございました。
とても勉強になりました。

Iさんの著書、今フィリピンで毎日読んでいます。
直接お話が聞けたなんてすごくうらやましいです><

コミュニティでのフィールドワーク、一進一退ですが、かなり楽しくなってきました。
次回お会いする時には、きちんと報告させていただけるように頑張ります☆

Posted by: Taura | September 05, 2007 10:43 PM

>ちぃさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

ボラカイでは、調査に協力していただいて本当にありがとうございました。次回以降も、ぜひ色々ご教授くださいね。

そうですか。「看」るが「手」と「目」から。マッサージに限らず、肉体的なケアはスピリチュアルなそれと、分かちがたく結びついていると、今回のフィールドワークでは再認識しています。

もうすでに、ボラカイのあの白浜に戻りたくなってきました。ちぃさん、お元気で。

>Mikarinさん

250バーツは、今だと1000円弱です。観光客向けだと、その1.5倍から2倍します。いずれにしても、日本と比べると圧倒的に安いですよね。

こちらこそ、日本の保健医療の状況もぜひ知りたいので、また教えてください。

>Tauraさん

こちらこそ、マニラでは楽しかったです。日本に帰ったら、必要ならIさんもご紹介しますよ。僕は彼女の本を読んでいなかったので、少し怒られてしまいました(笑)。

調査、体に気をつけてがんばってくださいね。

Posted by: azuma | September 06, 2007 01:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 他者のフィールド:

« タイへ | Main | 学校で伝統を教えるには »