« 国籍を尋ねること | Main | 他者のフィールド »

タイへ

今朝、マニラを発つ前に、昨夜熱い議論を交わした政治学の2人と人類学の1人とパンデサールの朝食。お見送り、ありがとう。また会う日まで、元気で。

マニラから香港、香港からバンコク、そしてバンコクからチェンマイへ。フライトは快適だったが、バンコクで生まれて始めての荷物遅れ。「あなたの荷物は次の便で来るので、私がそれをホテルに送ります」って絶対信用できないので、次の便を待つ。接続の国内線まで時間があってよかった。次の便から荷物が出てくるまでの間、冷や冷やだったけれど。

そしてチェンマイ。1999年に修士課程の調査実習でやってきて以来。記憶に残る町の風景と変わらず、とても雰囲気がいい。それなりにいいホテルに泊まっているのに、早速屋台で買出ししてシンハーで遅い夕食。タイはいいなぁ。明日は、チェンマイの伝統マッサージを見学する予定。

|

« 国籍を尋ねること | Main | 他者のフィールド »

Comments

荷物が遅れたのは新空港ですか?

Posted by: bangbangbangkok | September 03, 2007 08:53 PM

すごい移動ですね^^
なんだか色んな物を見て、感じて・・・いいなァ~~~
荷物、そんなことがあるのですね。
もし私だったら、そのまま「お願いしま~す」と去ってしまいそう。。。
勉強になりましたφ(。。)メモメモ

Posted by: Mikarin | September 03, 2007 09:33 PM

ナイトバザール行きます?
32アイスの前で、19と17くらいの女の子とお母さんがやっている御土産屋さんがあったら、それは私の親戚です。
私の下の名前を言ったら、もしかしたら何か貰えるかも。

Posted by: たんも | September 04, 2007 01:10 AM

ごめんなさい、32じゃなくてSwensensでした。

Posted by: たんも | September 04, 2007 01:13 AM

>bangbangbangkokさん

はい、そうです。スワンナプームの新空港の方です。

>Mikarinさん

これまでは、1箇所にとどまってのフィールドワーク中心で、またその必要性もあったのですが、今回は意図的に数多くの場所を移動することで、何か見えればいいなと考えています。

荷物は、僕が単に疑い深いだけで、ちゃんと届いていたのかもしれません。預けた荷物の中に、到着したらすぐ使いたいものがいくつか入っていたのも理由です。

>たんもさん

奥さんの家族ですか?残念、このコメントを見る前にナイトバザールに行って、その後は行く時間がありませんでした。次回は、ぜひ挨拶しようと思います

Posted by: azuma | September 04, 2007 08:19 PM

とっても興味深い日々をお過ごしのようで…。
久しぶりに、じっくりとパソコンの前に座って、いっきに読ませていただきました。読み応えあります。

自分の荷物がでてこないと理解せざるを得ないときの「ガックリ」感と、荷物が届くまでの「ひやひや」感はほんとにいやですね。

Posted by: maru | September 06, 2007 12:00 AM

>maruさん

いつも、読んでいただいてありがとうございます。

もしや、maruさんにもありますか?Lostやdelayの経験が。あのがっくり感は、経験した人にしかわかりませんね。

Posted by: azuma | September 07, 2007 04:40 AM

ロンドン~リスボンで、私の荷物だけがロンドンに残されて…。
そう、友人の荷物はしっかり出てきたのに。
時間に限りがあるので観光・飲みにでかけたものの、ホテルへ荷物の到着予定時刻を過ぎても届かなかったときは、さすがにあせりました。

今となっては、ホテルの親切なフロントの方たちと荷物が届かなかった場合の対処方法や、旅のことを話して待っていたのが懐かしい思い出…お互い、どの程度理解できていたのかは疑問が残りますが。

そして、そのとき学んだこと。
「最低1日分のコンタクトは、手荷物で…。」でした!!

Posted by: maru | September 08, 2007 01:21 AM

>maruさん

そうですか、ロンドンで。でも、最終的には、荷物は無事に届いたんですよね?たしかに、トラブルも後になってみればいい思い出ですね。

コンタクト1日分、素晴らしい教訓です。僕も今回の一件で、機内持ち込み荷物に入れておくべきものリストが増えました。そういえば、今は100ml以上の液体は持ち込めないので、女性の化粧品関係は大変でしょうね。

Posted by: azuma | September 11, 2007 08:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイへ:

» 日本の旅館の良さをタイに [びっくりタイライフ]
独立行政法人 国際観光振興機構(ようこそ JAPAN)と 社団法人 国際観光機構と日本の旅館の女将さんがタイにいらっしゃいました。 そして、日本の旅館のよさをタイに伝えようとの企画で、ボクがタイ人から見た日本の旅館をタイ人に講演することになり、この準備に....... [Read More]

Tracked on September 03, 2007 08:54 PM

« 国籍を尋ねること | Main | 他者のフィールド »