« それでも怖い | Main | 顔上げて声上げよ »

残る言葉

相変わらず論文に追われている。

先週末に、指定された締め切りどおりに、全員が卒論第一稿を提出した4年生には脱帽。自分は締め切り延長のお願いメールを出したというのに。学生を見習わなければ。

それにしても書けない。忙しいとか時間がないとか、言い訳ばかりが脳裏をよぎる。そういえば大学院生の頃、ある先生が「やはりアウトプットにも限界があって、年間10本の論文は絶対に書けない」といっていた。あの頃の僕は、かなり書き散らしていた頃だったので「気合入れればいけるんじゃない?」と思っていたけれど、例え短期的に可能でもコンスタントにはやはり難しいだろうな。

そういえば、上智から同窓会のニュースが届いていた。パラパラめくりながら、すっかり偉くなってしまった卒論の指導教官の写真が載っていたりして、僕にも大学生時代があったことを思い出す(いや、いまも大学生と変わらない生活だとか、一緒に遊んでるじゃないかという突っ込みは抜きにして)。それにしても、早く会費を払って、正式に同窓会員にならなければ。

そのニュースの中に、先日亡くなったというある先生の追悼記事があった。まったく面識がないアメリカから日本に帰化したというこの先生が、「終身雇用」や「年功序列」という言葉の生みの親だとあり、驚く。この間も学生と、企業への就職について話す中で飛び交っていたキーワード。自分の命は尽きてしまっても、自分の言葉が生き続けてくれたなら、それはとても幸せなことだろうな。

とりあえず、一瞬でも記憶に残るような言葉を刻みたいと思った。

|

« それでも怖い | Main | 顔上げて声上げよ »

Comments

自分が言われて衝撃的だったり、感動した言葉を『私の心に残る名言集』と名付けて大切にしています。
私はたった一人の人に届く言葉を紡ぎたいと思っていますが、それさえも難しくてとてもどかしくなったりします。
やはり、物を書いたり発表する立場の人は、大勢の方の記憶に残りたいと思うのですね。
ステキな言葉刻めたらいいですね。

Posted by: | December 04, 2007 01:25 PM

>名無しさん

『私の心に残る名言集』ってすごいですね。メモ帳のようなものがあるのでしょうか。

まずは1人、またもう1人、そうやってより多くの人の記憶と心に残るよう書きたいと思います。

Posted by: azuma | December 04, 2007 01:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 残る言葉:

» [life] 面談 [K A L A M]
伊丹から花巻空港へ。駐車してあった車には5センチほどの雪が積もっている程度で、晴天に溶け始めていた。ビビって帰ってきたのだがたいしたことはない、と思ったら大学のある滝沢村に入ると別世界だった。昨日から停車したままの車は20センチあまりの雪を載せている。 ... [Read More]

Tracked on December 04, 2007 11:41 PM

« それでも怖い | Main | 顔上げて声上げよ »