« 新ルートにて | Main | 空港でのいい話 »

マニラで食事

マニラでは毎回、フィールドに行く前後の数日間だけ、準備や用事を済ませるための滞在。今日のミッションは、ショッピングモールで鍵を複製して、大使館から郵便物を出すこと。知っている人はわかると思うけれど、調子に乗ってロビンソンから日本大使館まで歩いたら、40分ほどかかって疲れてしまった。冷夏のマニラでも、少し日焼けした気がする。

ところで、食べ物の話ばかりのようだけれど、マニラではあまりフィリピン料理を食べない。特に避けているわけではないが、フィールドのロハスに行ったときの、とてもローカルな飲食環境を考えると、チョイスの多い首都マニラでは各国料理の方に目が行ってしまう。

その中でもお気に入りなのが、エルミタ、マラテ辺りのシャワルマと小龍包のお店。まあ、「何食っているか」はフィールドワークの基本ということで。

1

シャワルマは日本でいうケバブとほぼ同じものだけれども、今日はシャワルマ・ライスを頼んでみた。味は、沖縄のタコライスにそっくり。値段は95ペソ(≒250円)。通常のシャワルマの方は75ペソ(≒200円)

2

この小龍包は、日本はもちろん、台湾や香港で食べたものよりも格段においしい。ジュっとしみ出る肉汁がやばい。1皿80ペソ(≒220円)。

|

« 新ルートにて | Main | 空港でのいい話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マニラで食事:

« 新ルートにて | Main | 空港でのいい話 »