« セカイは変えられなくても | Main | 狙われている(らしい) »

行く末

フェティシズムにラノベにアメリカン・ストーリー。

研究会で教わったり、読んだ本に引用されていたり、「これは使える」と思ったものを、Amazonでそのまま注文して届いた4冊。

僕は、この先、どこに行こうとしているのだろうか。やや不安。


|

« セカイは変えられなくても | Main | 狙われている(らしい) »

Comments

正しい方向に行こうとしているのだと思います

Posted by: ノリタケ | April 30, 2009 04:49 PM

>ノリタケさん

よかった、安心しました(笑)。

このまま突き進みます。

Posted by: azuma | April 30, 2009 05:51 PM

 azumaさんは目に見えない人間の超越的な観念を分析しようとしているという一貫した姿勢をもっているので、やっぱ貫いていますよ!ええ意味で尖がっているよ!
 ぼくは、この超越的なものをみようとおもってもみれていないんだよね・・。

Posted by: masa | May 01, 2009 10:23 PM

>masa

「目に見えない超越的なもの」って、なんかややオカルト的で怪しいね(笑)。でも、他人に指摘してもらうと、ああそうなんだと思います。ありがとう。

Posted by: azuma | May 02, 2009 05:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 行く末:

« セカイは変えられなくても | Main | 狙われている(らしい) »