« 学会分科会 | Main | 美容師の目 »

僕たちのディズニーランド

先週末、学会はとても楽しかった。

他の人の発表を聞いて、質問して、分科会で発表して、出版社のブースを回って、ロビーで顔見知りの人と話をして、打ち上げで飲んで、2次会で飲んで、3次会で飲んで。後輩や自分の元教え子に再会して、名前だけ知っていた人と新たに知り合って、「仲間」たちといつものやり取りをして。帰りの飛行機の中は、とても充実した気分だった。多分、これはディズニーランド好きの人がディズニーランドに行った帰り道みたいな気分なんだろうと、想像してみた。人類学者にとってのディズニーランド、文化人類学会。そんな風に感じているの、変だろうか。

分科会に来てくれたみなさん、ありがとうございました。代表者として、なかなかうまく趣旨や方向性を明示することができなくて、聴衆にも発表者にもコメンテーターにも迷惑をかけてしまったのだけれど、それでもとりあえず何か新しいことを「仕掛ける」ということの大切さと面白さは実感できました。今回の企画がどう継続するか(しないか)はまだ未定ですが、これからも色々仕掛けていくつもりなので、よろしくお願いします。そして、一緒に幸せなほど刺激的な時間を共有してくれた発表者とコメンテーターの方々、ありがとうございました。今後も、よろしくお願いします。

学会に連れて行った院進学希望の4年生が、学会で出会ったり話したりした先生や大学院生に大いに触発されて、大学院への憧れをさらに強くして帰ってきた。今日は、僕が個人的に開催している院試勉強会で、英文論文2本について3時間以上、徹底的に検討した。院進学というと、どうしても暗い話ばかり出てくるのだけれど、「文化人類学をもっと学んでみたい」という素直で率直な希望を大切にしたい。うまく、いきますように。

これを書いている間に、論文の査読通過と校正依頼がやってきた。さあ、僕も立ち止まってはいられない。

|

« 学会分科会 | Main | 美容師の目 »

Comments

 Azumaさん

 学会おつかれさまでした。ミステリーはそれなりに面白かったんですが、ちょっと難しかったなあ。でも、いまの人類学は人間の普遍的なことをもっと論じたほうがいいとは常に思っているので、方向性は支持しております。
 でも、私も飲み会こそ遠慮したものの、楽しかったです。報告では少々考えさせられることはあったが・・。
 あと、後輩たちには、もっと他大学の院生たちと交流するようにしてもらおうかと思っています。また20日会いましょう!
今度はKGですね!

Posted by: masa | June 07, 2009 02:20 PM

>masa

学会、お疲れさまでした。

分科会では、普遍的というかやや大きなテーマを掲げ、それでも各発表からは個別の問題が提出されるような方向性で行きたかったのだけれど。やはり僕の趣旨説明がいまいちでした。

20日、楽しみにしています。

Posted by: azuma | June 09, 2009 03:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕たちのディズニーランド:

« 学会分科会 | Main | 美容師の目 »