« 再びイスタンブールにて | Main | バスケと日本食 »

帰国、出発

5日に、無事タイから帰国した。

バンコクでは、レディー・ボーイ、ゴーゴーバー、タイ・マッサージという、それぞれユニークながら手ごわい対象に取り組むゼミ生のフィールドに少し首を突っ込みつつ、カオサン通りを冷やかしたり、ツーリズム研究のIさんの案内でおいしいものを食べたり、パタヤに一泊旅行に行ったりした。あそこで見たり聞いたりしたことを自分の調査に組み込んでいくには、やはりタイ語を真剣に勉強しなくてはならないようだ。

それで、帰ってきて荷物をほどいて、色々整理をして、卓球の練習に参加などしていたら、もうフィリピンへの出発前日。お金の出所が違うから一度帰国しなければいけないという事情はさておき、それにしても早すぎる。たまった電話やメール連絡を汗流しながらなんとか終らせて、駆け足でおみやげや必要なものを買いそろえ、ほどいたばかりのカバンに再び荷物を詰め込む。

脱出すること、移動することの代償とは、どうやらここにある「現実」から少しずつ遅れていくことだと気付き始めた。ここで生きている人たちの時間の濃度を、0.5%ほど薄めた感じ。行って帰って時間が経過しているのならば、ウラシマ効果と呼べばいいのだろうか。今のところ、持ち前の要領のよさ(あるいは手抜き、やっつけ)で遅れを何とかカバーしているつもりだけれど、いつか完全に「いまここ」から置き去りにされて、離脱していくのだろうか。いいんだ、そんなにがんばって追走しなくても、すでに十分に取り返しがつかないくらいに遅れているからと、自分を慰める。どうせ大負けしているからと、大金を賭け続けて破滅するギャンブラーの気分。

でも、行ってきます。帰国は9月末の予定です。

職場近所の「大盛うどん」の肉うどん、520円。うどんにしては、やや値が張るけれど、この甘さが「いまここ」を感じさせて少しほっとさせる。

|

« 再びイスタンブールにて | Main | バスケと日本食 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帰国、出発:

« 再びイスタンブールにて | Main | バスケと日本食 »