« 後期授業開始 | Main | 状況変わらず »

締め切りと講義のあいだに

昨夜の台風は、宮崎を見事に回避していった。今日は青空。

後期開始後、まだ慣れない授業をこなし、たまりにたまった書類と格闘し、返信が遅れていたメールをやっと送り終えた。そして、締め切りに遅れながら、必死に原稿を手直しして何とか提出完了。どうしてこんなに、余裕がないんだろう。とりあえず、少しだけホッとして、本日5限の講義までゆっくりと身のまわりのことをしながら、少しだけ今の自分について考えてみる。

Outlookを開いて、分単位でのスケジュールの刻みと、長い長いTo doリストを眺めながら、何となくマゾヒスティックな高揚感を感じたりする。余裕がない理由は、要は慢性的に自分の能力以上の仕事を抱えているということか。

できる限り全て、時間をかけて質を高めながら、深い満足感を得られるようにこなしていきたい。そして、もちろん余裕を持って楽しむことを忘れずに。「忙しい」という言葉を発すれば発するほど、「労働」の中に取り込まれていって、最後にはその奴隷になってしまう気がする。でもだからって、「好きなことですから」ってワーカホリックになってしまうのも、巧妙な罠にかかったみたいで違う気がする。じゃあ、時々可能になる日常からの脱出を「余暇」として唯一の楽しみとしながら日々働くなんて、肉体と精神の消耗にすぎないのではないか。どうしたら、夢と浪漫と魂の自由を担保できるのだろうか。

研究関係の締め切りを抱えながら、授業や大学の仕事をこなしつつ、その合い間に本を読んだり酒を飲んだり旅をしたりする。適度にハードで、適度に満足感があって、適度に楽しみもある、自分の望んでいた人生。周囲の人々にも恵まれている。それでいい気もするし、それで本当にいいのかという気もする。このまま進みながら、深め熟していくことが大切なのだろうか。どこかで抜本的に変えなくては、変わらなくてはいけないのだろうか。何が正しくて何が間違っているのか、決定的に識別不能な問いを抱えて、それでも次へ次へと進んでいかなければならない。そんなものなんだろうか。

そろそろ講義の準備をしなければならないから、もうよそうか。

|

« 後期授業開始 | Main | 状況変わらず »

Comments

私には、けんたろうさんは、とても幸せそうに映ります。
人や環境に恵まれていいなぁ~、って思うのです。

Posted by: | October 11, 2009 07:37 PM

>名無しさん

コメントありがとうございます。

本当に、人と環境には恵まれていて、幸せだと思います。あとは、自分次第ですね。

Posted by: azuma | October 21, 2009 01:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 締め切りと講義のあいだに:

« 後期授業開始 | Main | 状況変わらず »