« 小さな革命を始める | Main | 開放の中のしばしの自閉 »

朝に

通勤にも、買い物にも、その他外出にも、名古屋では車が欠かせない。日常的な活動範囲のほとんどを自転車でカバーできていた宮崎時代と比べ、圧倒的に車を運転する機会が多い。

昨年10月に購入したロードスター、相変わらず惚れ惚れするほど可愛くて、いい買い物をしたと自分の選択の正しさを確認する。気に入った車に乗ることの幸せ。願わくば、早く暖かい季節になって、再びオープンで名古屋の街中や岐阜の山辺りを走り回れることを。それまで、もう少しあの幌は雨風をしのぐシールドでいてもらおうか。

授業が終わって一息と思ったら、レポート、修士論文、入試と大き目の仕事が連続する。特に、修士論文は、今年は副査で数も多くないが、一つ一つの内容が分厚いので読むのにも評価するのにも力が要る。これを、自分が主査になって指導すると思うと、今後はもっともっと教育に時間と労力を注がなければならないだろう。今のうちに、できるだけ前倒しで、研究を進めておかなければ。

珍しく、早寝して日の出前に早起きした朝に、校正刷りを眺めながら。さあ、もう少ししたらロードスターで大学に向かおうか。

P1000059


|

« 小さな革命を始める | Main | 開放の中のしばしの自閉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝に:

« 小さな革命を始める | Main | 開放の中のしばしの自閉 »