« 言葉の欠如 | Main | 家族連れでの「転向」 »

独身と既婚の狭間で

僕は今日、35歳の誕生日を迎え、そして婚姻届を提出してきた。

昨夜の誕生日は卒業生(とその友人)たちに囲まれ本当に暖かいお祝いをしてもらい、今朝ブーブ・クリコとモエ・シャンドンの残る頭と心を抱え、彼女を迎えに行ってそのまま居住先の区役所に向かった。休日なので今日は守衛さんの書類受け取りだけ、もし明日受理されれば今日付けで入籍完了、というシステムは知っていたけれど、名古屋は本籍地と「区」が違うだけでも戸籍謄本が要ることを知らず、あわや今日の入籍はできないか、という雰囲気が漂う。

プロポーズが彼女の誕生日、じゃあ入籍日は僕の誕生日にしようかという軽いアイデアだったのだけれど、ここまで色々準備してきたのでやはりどうしても今日中の入籍にしたい。結局、本籍地も名古屋市なのでそちらの区役所に行けば戸籍謄本なしで提出できるということが判明し、区役所をはしごすることに。そちらの区役所の守衛さんに預かってもらって、あとは明日の連絡を待つだけ。守衛さんが、「おめでとうございます」といってくれるのが何か不思議な感じだった。僕は今、婚姻届は出したけれどまだ独身で、そして明日受理されると遡って今日付けで入籍していたことになるという不思議な状況にある。

今、世の中はすごく混乱した状況にあって、そこから聞こえてくる悲しみや苦しみや怒りの声を聞きながら、自分の小さなセカイを幸せで満たすことにすごく抵抗があって、一度は入籍は延期しようと考えた。でも、いろんな人に相談したり、何よりも東京から我が家に避難してきた卒業生と普通の時間を過ごしたり、家族が被災した卒業生と他者の悲しみを感じたり感じなかったりすることについて心を開いてぶつけあって話し合って、その結果何一つ相変わらず分からないし、足りないし、出来ないけれども、今朝起きたらよし入籍しようという気持ちがすごく強くなっていた。徹底的に全力で入籍してやろうじゃないか、と。

そんな混乱した東京に戻らなくてもここでしばらく暮らせばいいじゃない、とか卒業生を引き止めていたのは本気。このまま数日間を過ごしたみんなで擬似家族的なつながりの中に入れたらどれだけ幸せだろうか。昨夜は半ば本気でそんな気持ちになっていたのだけれど、結局みんな明日からの日常の労働に回帰するために、帰っていった。入れ替わりに僕の家には、これからずっと一緒に暮らすことになるだろう彼女がやってきた。仕事も結婚も、淡々と続いていくだろう。世の中の混乱が僕の小さなセカイの外側にあるかぎり。その混乱が、僕のセカイの中で起こったとき、僕は初めてその混乱を自分のものとして、他人事ではなく、受け止めることができるのだろう。でも、そのときにですら十分な言葉が僕の中にあるとは思えない。他人事として言葉を失ったのと同じくらいに、我が事としても言葉を失うのだろうけれども。

会ったことがある人は知っていると思うけれど、彼女は誰もが僕にはもったいないという心の美しい素敵な人です。おまけに美容師なので髪を切ってもらえるし染めてももらえるオプション付き。彼女と出会うことができた幸運と、その出会いを継続的なパートナーシップにまで展開することができた幸運をかみ締めながら、とりあえず、まずは自分たちの生活を少しずつ作り上げていくことに力を注ごうと思います。一番身近な他者とのつながりを大切にすることから、識別不能であっても共感できるような他者への繊細なセンサーを鍛える。他者のわからなさを自分の日常生活にもう一度取り込むことで、今回の災害で徹底的にうろたえ途方にくれてしまったようには、もう二度とならないようにしたい。

そんなことを、独身と既婚の不思議な境界域で考えた。

|

« 言葉の欠如 | Main | 家族連れでの「転向」 »

Comments

おめでとうございます

他者の幸せはより大きく,よりたくさんあった方が,僕らは嬉しい.

Be Happy! No Fear!

Posted by: BARCELO | March 21, 2011 08:25 PM

お誕生日おめでとうございます!
あいかわらずお若い外見のようですが、おいくつになられたんでしたっけ。
ロマンスと想像力(妄想ともいうかもしれません)は私たちを救ってくれますよね。もっとのろけて、好きな人やものやおいしいものについて、これからも語ってください。

Posted by: saging | March 21, 2011 09:45 PM

おめでとうございます。
そうですね・・・守衛のおじちゃんに、お祝い言われると変な感じというの・・・分かる気がします。
でも無事に入籍されたみたいで、良かったです。
これからは1人ではない、幸せと同時に、色んな責任も出てくるのだと思います。
でも楽しんでくださいね☆
幸せ日記を楽しみにしております。

Posted by: Mikarin | March 21, 2011 10:13 PM

ご結婚おめでとうございます。
守衛さんの祝福、おかしくて、そして嬉しかったおぼえがあります。
新婚生活、楽しいですよ。
そんな新婚生活をさらに楽しくしてくれるカンフー映画+αリストアップしておきますね。

Posted by: kmiya | March 21, 2011 11:52 PM

おめでとう!本当におめでとう!
こんなときでも私は今、素直に嬉しいです。
楽しいことも大変なことも、なんでも話し合って乗り越える夫婦になってください。お二人そろってお会いできる日を楽しみにしています。
結婚暦では11年目の先輩より。

Posted by: ゆきえ | March 22, 2011 01:23 AM

ご入籍おめでとうございます!

わたしも今月が誕生日だったので、入籍してきました。
奇遇ですね。

もう数週間経ちますが、わたしはまだ夫婦になったという実感が湧きません。

女性の場合形式上どうしても姓が変わるため、住民票での姓の変化にはじまり免許証の書換え、銀行口座やクレジットカードの変更届出などなど始まりました。
生命保険で受取人を「はいぐうしゃ」に変え、一応の様々な手続きはこなそうと努力していますが、まだ実感がわかないのです。

これからは彼のことを夫と言い主人と言わなければいけないのか、そして生まれてから当たり前のように使っていた姓をもう使ってはいけないのか…。
様々なアイデンティティの変化が自分の中で起こっていることは感じていますが、まだ「しっくり」と自分が誰かの妻になり、これから彼との間の子どもを腹に宿し、母親になるであろうことが信じられません。
もちろん楽しみではあるのですが、自分にこれらが本当に起こるのか、まだ信じられない。
Too good to be true、といった気分。

今はこの不思議な気分を観察しつつ、楽しめばいいのでしょうかね。

それはさておき、これから自分の一番近しいところに、今までで最も信頼できる他人が死ぬまでいてくれるという安心感はとても甘美なものです。
生きていて、よかった!

長々ごめんなさい。
いつも面白い文章を書かれるので、色々想ってしまいましたです。

Anyway, 本当におめでとうございます!!

Posted by: 潤子 | March 22, 2011 04:55 AM

おめでとうございます。私の周りでも、結婚式がいくつか予定されていて、予定通り行う人たちも、延期する人たちもいます。入籍にしても同様に、今の事態の中で決断する人と、今はやめておくという人がいるのでしょう。お読みする限り、Azumaさんは決断してよかったのでは、と思います。

それにしても、Azumaさんのこのもってまわったのろけはなかなか新鮮です。こういう感じ、相手をとても大切にしている思いが伝わって、心地よいです。

Posted by: Sammy | March 22, 2011 06:17 AM

本当に、おめでとう!

俺も気持ちわかります。
俺の場合、休日でなく夜間受付だったけどね!

また会える日を楽しみにしてるよ。

Posted by: kiyoshi | March 22, 2011 06:40 PM

日付が変わったので再訪しました。昨日はお誕生日おめでとうございますでしたが、今日は改めて、1日遡って、ご結婚、おめでとうございます。いままでのAzumaさんもけっこう幸せそうでしたけれど、これからはもっと幸せになってください!

Posted by: saging | March 22, 2011 09:32 PM

大変ご無沙汰しております。そして、おめでとうございます!!

これから幸せは2倍、悲しみは半分こに分かち合いながら生きていってください。

私も今、お弁当作って毎日行ってらっしゃい・・・といえる日に向け全力投球中です!!

Posted by: maru | March 22, 2011 10:39 PM

>みなさま、

新婚生活はTo Doばかりの慌ただしい日々で、コメントを返すのが遅れがちですが、お祝いの言葉確かに届いています。ありがとうございます!

Posted by: azuma | April 05, 2011 04:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 独身と既婚の狭間で:

« 言葉の欠如 | Main | 家族連れでの「転向」 »