« October 2011 | Main | March 2012 »

今年の最後に

こんにちは。すごく久しぶりですが、今年最後のエントリーです。

今年の年越しは、気の置けない友人夫妻の自宅で、妻と猫ともに過ごしています。昨年の今頃、独身最後の贅沢と称して、友人とニューヨークのタイムズスクエアで年越ししたのが幻のようです。

あれから一年、早かった。3月には入籍の直前に震災が起こって、自分の人生に求める幸福と世の中に生じている不幸との狭間で、力と言葉を失った。ぎりぎりまで動けず、結局あわただしく書類だけ提出して結婚生活を開始。そのあと、震災の影響で遅れた著作出版のための作業に追われ、新婚というにはあまりにも殺伐とした生活が続いた。6月、なんとかぎりぎり、『リアリティと他者性の人類学』を出版。

大きな喜びは、むかごが来てくれたこと。誰かと一緒に暮らし始めたら猫を飼いたいなとずっと思っていたけれど、それが実現したら想い描いていたよりもはるかに素晴らしい喜びを与えてくれた。それからしばらく、少し早く仕事を終えて、妻と買い物をして帰って料理を作って、むかごも一緒にテーブルを囲むのは、いまだに受け入れがたい奇跡的な幸福だと思う。それからしばらく、結婚式の準備を進める日々が続いた。

夏はいつも通り、数回の海外渡航があったけれど、そこでも自分に帰るべき、帰ることができるホームがあることの不思議さばかりが印象に残っている。帰国してから、すごく追い込んで、そして本当に多くの人たちの助けを借りて、なんとか10月9日に結婚式を挙げた。それもまだ信じられない。

いつも通り、襲いくるあれこれの出来事につねに一歩遅れながら、対処するだけの時間を365日過ごしただけなんだけれど、振り返ると自分は「配偶者」になって、「著者」になって、「飼い主」になって、いくつかはっきりとしたステイタスの変更が今年を跡付けている。そして、それが、自分の小さな世界のすぐ外にある世界の大きな変化と相まって、「変わったんだ」という気持ちを強めている。そう、今年はすごく、いろいろなことが変わった。その変化が「きっかけ」なのか「あらわれ」なのか、まだよくわからないけれど。

今年は自分の小さな世界の変化に対応することと、外にある世界の変化から身を守ることで精いっぱいだった気がする。内側でディフェンスを固めるだけでなく、外側に攻めに出るバランスを確保したい。半径10メートルの世界から一歩踏み出してみなよ、って誰かや誰かにけしかけていたのは誰だっけ。

最後はやっぱり内向きのぼやきか呟きになってしまったけれど、今年お世話になったすべての皆さん、ありがとうございました。それぞれ幸福に2012年を迎えられることを祈ります。そして、それら幸せの総和が世界全体の幸福につながりますように。よいお年を。

2011年12月31日

東賢太朗

| | Comments (16) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | March 2012 »