« December 2011 | Main

京都人類学研究会、発表告知

こんにちは。昨日、帰国翌日の疲労状態にもかかわらず、卒業式・修了式の後の謝恩会、続く追いコンの1次会、2次会、さらには有志のベルギービールとフィリピンパブへと進み、最後にカレー味噌煮込みうどんで〆て、当然終電逃してサウナに泊まった36歳の大学教員です。いい加減に学べよ、おい。

先日お知らせした、『呪術の人類学』刊行を控えたこのタイミングで、僕の担当する章の内容を発表する機会をいただきました。京都人類学研究会の3月例会。大変、由緒ある研究会から発表のご指名をいただき、光栄ながら恐れおののいています。オープンな研究会ということで、お近くの方はぜひどうぞ。

やや、なめた感じのタイトルで発表しますが、中身はがちの呪術論です。虫の糞を飲み干せるほどに、人はなにゆえに呪術に飲みこまれていくのか…。

以下、転載です。いい感じに作っていただいた、ポスターはこちら

---------------
京都人類学研究会 3月例会

【演題】
呪いには虫の糞がよく効く――日常と呪術の境界から

【発表者】
東賢太朗氏(名古屋大学大学院文学研究科)

【コメンテータ】
常田夕美子氏(大阪大学グローバルコラボレーションセンター)

【日時と場所】
日時:2012年3月29日(木) 18:00開場 18:30開始
場所:京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

【発表要旨】
「呪術とは何か?」と言う謎に取り組む上で、それが日常実践の位置形態であるとする方向付けは、呪術の他者性を過度に強調して描こうとしたり、近代やグローバル化という大きな物語に回収しようとする欲望を回避するためには効果的だろう。その上で、もう一度問いかけてみたい。呪術は日常実践なのだろうか、と。

たしかに、Favret=Saada[1980]が「そんなはずはない、だがしかし・・・」という言明に寄せたように、私たちの日常のあちこちには呪術が現れる契機が偏在している。誰かが何かを恐れたり何かを願ったりするときに、神谷精霊や超自然など、合理的な思考の枠組みには収まりきらないものへの想像力が発動することはとくに珍しいことではない。日常とは、むしろそのような呪術的想像力に彩られながら、合理と非合理、世俗と超越を含みこんで成立している。その点では、日常から呪術を切り離し、隔たったものとして扱う必然性はどこにもない。発表者自身も同様の観点から、特に呪術の経験や感覚と言う「実体性」に注目し、そのアイロニカルな心意作用が日常と非日常の差異を無化してしまうプロセスに注目してきた[東 2011]。

だがしかし、当然ながらすべての日常的実践が呪術的であるわけではない。私たちの日常は、多くの場合日々のたんたんとした、自明な行為の繰り返しによって構成されている。そのような自明性のなかに、突然呪術的な想像力が動き出すのである。その想像力は、強ければ強いほど普段は自明視していた世界のあり方を異化し、異なった世界の中でのみ妥当だと思われる呪術的実践へと展開していくかもしれない。日常における呪術的な想像力の発動、また日常的実践から呪術的実践への移行というプロセスにおいて、いかにして日常と呪術は結びついているのか。「日常的実践としての呪術論」が回避しがちなこの問いについて、本発表では取り組んでみたい。

そのために、これまで発表者の呪術論において扱いきることのできなかった特殊事例を取り上げたい。フィリピン地方都市のある1名の女性呪医は、他の呪医の病治しと比較して明らかに奇異にみられる呪術的治療を行っている。発表では患者にとっては受け入れがたい呪術的な世界観や、民間医療の体系が、「物語り」によってコンテクスト化され、行為によって「真理化」されているプロセスを、いくつかの治療の現場から微視的に描写してみたい。その上で、日常と呪術をか架橋する決定的要因としての「希望」について、考察を試みる。
東賢太朗 2011『リアリティと他者性の人類学――現代フィリピン地方都市における呪術のフィールドから』三元社
Favret=Saada, J. 1980 Deadly Words: Witchcraft in the Bocage. Catherine Cullen trans. Cambridge University Press.

【備考】
* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 当日は資料代として200円いただきます。

【問い合わせ先】京都人類学研究会事務局 inq_kyojinken@hotmail.co.jp

| | Comments (43) | TrackBack (0)

【呪術の人類学』、出版!

本日、フィリピンより帰国しました。2月の後半から、ほぼ休みなく3つの海外渡航を繰り返し、少し30代後半の身体の劣化を感じているところです。これで、もうすぐ新学期が始まるのかと思うと…。

そんななか、テンションを上げられるお知らせが1つ。

科学研究費補助金と国立民族学博物館の共同研究を何年も続けてきた呪術研究の成果がついに出版物として刊行されます。タイトルはずばり、『呪術の人類学』。僕の敬愛する編者のお二人が、とにかく力を入れて編んだ、論文集です。

ここに名前を書くのも恐れ多い大御所から、人類学をリードする先輩方、隣接領域からの寄稿者まで、とにかく時間と力を割いて、「呪術とは何か」について語り合い、考え抜いた成果を、人類学へ、そして近隣の人文科学や社会科学の諸領域へ、さらにはもう少し普遍的なアリーナまで、問うための出版です。

僕自身は第4章を分担執筆しています。個人的には、昨年出版した単著の議論を補足する内容になっていると思います。『リアリティと他者性の人類学』で扱った呪術の日常性ではなく、非日常性について、考える内容です。

思えば2004年、フィールドワークを終えて膨大なデータの前で立ち止まっていた僕を、「呪術」という果てしのないテーマへといざなってくれたのが、この共同研究でした。大げさにいえば、いまの僕がここに立っていられるのは、このメンバーとの出会いがあったからかもしれません。始まりも、これまでも、たぶん今も、そしてできれば最後まで、僕は「呪術」研究者でありたいと願います。

『呪術の人類学』、人文書院、4月10日刊行。以下、出版社HPとアマゾンの予約情報です。関心のある方は、ぜひともよろしくお願いします。

出版社(人文書院)HP

AmazonのHP

| | Comments (170) | TrackBack (0)

36歳の誕生日

前回のエントリーが昨年末。気付くと3カ月弱立っていました。なんだか、近況報告と宣伝だけのブログになってしまったようだけれど、そしてツイッターに加えFacebookも始めすっかり乗っ取られ気味だけれど、一応続けているつもりです。

本日、2012年3月21日、生まれた日から36年間が経過しました。

36歳、避けようもなく「中年」期に突入といったところでしょうか。茶色い髪の色も、いい加減な格好も、いつまで続けていくのか、やめ時をやや逸した感じで、外見だけでなく、中身の思考や感覚も、全然この36年間という時間に追い付いていなくて、ものすごく中途半端に成長しきれていない、春樹作品の主人公が大きく崩れてしまった感じです。

それでも70年生きれたら後半戦、90年くらい生きてしまうなら中盤戦、人生はまだまだしばらく続いていくだろうから、僕は僕のペースで世界と少しずつ折り合いをつけながら、仕事と遊びの日々を繰り返していこうと思います。

もはや1年に1度、儀礼的に通過するだけの一日だと思っていた誕生日ですが、思いがけず多くの方々に祝ってもらい、お祝いの言葉をもらい、ああやはり生きて、関わって、つながっているんだという想いはたしかに強くしました。ありがとうございます。がんばります。

フィリピンより、36歳のゆるめの決意とともに。

東賢太朗

| | Comments (49) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main