京都人類学研究会、発表告知

こんにちは。昨日、帰国翌日の疲労状態にもかかわらず、卒業式・修了式の後の謝恩会、続く追いコンの1次会、2次会、さらには有志のベルギービールとフィリピンパブへと進み、最後にカレー味噌煮込みうどんで〆て、当然終電逃してサウナに泊まった36歳の大学教員です。いい加減に学べよ、おい。

先日お知らせした、『呪術の人類学』刊行を控えたこのタイミングで、僕の担当する章の内容を発表する機会をいただきました。京都人類学研究会の3月例会。大変、由緒ある研究会から発表のご指名をいただき、光栄ながら恐れおののいています。オープンな研究会ということで、お近くの方はぜひどうぞ。

やや、なめた感じのタイトルで発表しますが、中身はがちの呪術論です。虫の糞を飲み干せるほどに、人はなにゆえに呪術に飲みこまれていくのか…。

以下、転載です。いい感じに作っていただいた、ポスターはこちら

---------------
京都人類学研究会 3月例会

【演題】
呪いには虫の糞がよく効く――日常と呪術の境界から

【発表者】
東賢太朗氏(名古屋大学大学院文学研究科)

【コメンテータ】
常田夕美子氏(大阪大学グローバルコラボレーションセンター)

【日時と場所】
日時:2012年3月29日(木) 18:00開場 18:30開始
場所:京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

【発表要旨】
「呪術とは何か?」と言う謎に取り組む上で、それが日常実践の位置形態であるとする方向付けは、呪術の他者性を過度に強調して描こうとしたり、近代やグローバル化という大きな物語に回収しようとする欲望を回避するためには効果的だろう。その上で、もう一度問いかけてみたい。呪術は日常実践なのだろうか、と。

たしかに、Favret=Saada[1980]が「そんなはずはない、だがしかし・・・」という言明に寄せたように、私たちの日常のあちこちには呪術が現れる契機が偏在している。誰かが何かを恐れたり何かを願ったりするときに、神谷精霊や超自然など、合理的な思考の枠組みには収まりきらないものへの想像力が発動することはとくに珍しいことではない。日常とは、むしろそのような呪術的想像力に彩られながら、合理と非合理、世俗と超越を含みこんで成立している。その点では、日常から呪術を切り離し、隔たったものとして扱う必然性はどこにもない。発表者自身も同様の観点から、特に呪術の経験や感覚と言う「実体性」に注目し、そのアイロニカルな心意作用が日常と非日常の差異を無化してしまうプロセスに注目してきた[東 2011]。

だがしかし、当然ながらすべての日常的実践が呪術的であるわけではない。私たちの日常は、多くの場合日々のたんたんとした、自明な行為の繰り返しによって構成されている。そのような自明性のなかに、突然呪術的な想像力が動き出すのである。その想像力は、強ければ強いほど普段は自明視していた世界のあり方を異化し、異なった世界の中でのみ妥当だと思われる呪術的実践へと展開していくかもしれない。日常における呪術的な想像力の発動、また日常的実践から呪術的実践への移行というプロセスにおいて、いかにして日常と呪術は結びついているのか。「日常的実践としての呪術論」が回避しがちなこの問いについて、本発表では取り組んでみたい。

そのために、これまで発表者の呪術論において扱いきることのできなかった特殊事例を取り上げたい。フィリピン地方都市のある1名の女性呪医は、他の呪医の病治しと比較して明らかに奇異にみられる呪術的治療を行っている。発表では患者にとっては受け入れがたい呪術的な世界観や、民間医療の体系が、「物語り」によってコンテクスト化され、行為によって「真理化」されているプロセスを、いくつかの治療の現場から微視的に描写してみたい。その上で、日常と呪術をか架橋する決定的要因としての「希望」について、考察を試みる。
東賢太朗 2011『リアリティと他者性の人類学――現代フィリピン地方都市における呪術のフィールドから』三元社
Favret=Saada, J. 1980 Deadly Words: Witchcraft in the Bocage. Catherine Cullen trans. Cambridge University Press.

【備考】
* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 当日は資料代として200円いただきます。

【問い合わせ先】京都人類学研究会事務局 inq_kyojinken@hotmail.co.jp

| | Comments (43) | TrackBack (0)

【呪術の人類学』、出版!

本日、フィリピンより帰国しました。2月の後半から、ほぼ休みなく3つの海外渡航を繰り返し、少し30代後半の身体の劣化を感じているところです。これで、もうすぐ新学期が始まるのかと思うと…。

そんななか、テンションを上げられるお知らせが1つ。

科学研究費補助金と国立民族学博物館の共同研究を何年も続けてきた呪術研究の成果がついに出版物として刊行されます。タイトルはずばり、『呪術の人類学』。僕の敬愛する編者のお二人が、とにかく力を入れて編んだ、論文集です。

ここに名前を書くのも恐れ多い大御所から、人類学をリードする先輩方、隣接領域からの寄稿者まで、とにかく時間と力を割いて、「呪術とは何か」について語り合い、考え抜いた成果を、人類学へ、そして近隣の人文科学や社会科学の諸領域へ、さらにはもう少し普遍的なアリーナまで、問うための出版です。

僕自身は第4章を分担執筆しています。個人的には、昨年出版した単著の議論を補足する内容になっていると思います。『リアリティと他者性の人類学』で扱った呪術の日常性ではなく、非日常性について、考える内容です。

思えば2004年、フィールドワークを終えて膨大なデータの前で立ち止まっていた僕を、「呪術」という果てしのないテーマへといざなってくれたのが、この共同研究でした。大げさにいえば、いまの僕がここに立っていられるのは、このメンバーとの出会いがあったからかもしれません。始まりも、これまでも、たぶん今も、そしてできれば最後まで、僕は「呪術」研究者でありたいと願います。

『呪術の人類学』、人文書院、4月10日刊行。以下、出版社HPとアマゾンの予約情報です。関心のある方は、ぜひともよろしくお願いします。

出版社(人文書院)HP

AmazonのHP

| | Comments (170) | TrackBack (0)

明日、合評会

明日、拙著の合評会が開催されます。詳細は、以下のポスターをご覧ください。

Poster_8th


| | Comments (12) | TrackBack (0)

環境としての中日新聞

名古屋とその近郊で育った僕の家は、当たり前のように中日新聞をとっていて、そして気がつくと当たり前のようにドラゴンズファンになっていた。大学受験のころ、入試問題によく出題されるというので数ヶ月だけ朝日新聞に変えたのだが、僕が大学に入学して東京に行き、最初の夏休みに帰省した時にはすでに再び中日新聞に戻っていた。

多分、このあたりの地域に住んでいる人の多くは同じような感じではないだろうか。環境としての中日新聞。

先日の記事掲載は、だから思った以上に色々な人が読んでいて、家族や親戚はもちろん、友人や同僚など、「載っていたね」とか「読んだよ」と声をかけてくれる。ありがたいことだと思う。

それにしても先週末、ある地域の集まりに参加したとき、見知らぬ年配の女性から「結婚式はいつなの?」と話しかけられたのには驚いた。それはかなりの偶然の重なりだった。先月僕が、同じ地域で開催された戦争経験者の講演会を聞きに行ったとき、受付で名前と住所と所属の記帳を求められて、僕はとくに深く考えずにありのままを記入した。そうしたら、実はその女性は講演会の主催者側の方で、講演会後に参加者の名簿を何気なく確認していたときに、自分の家のものすごく近くの住所の僕のところで目がとまったらしい。「名大、東」くらいのキーワードが記憶の片隅に残っているうちに、中日新聞を読んでいたら僕の記事と写真が載っていて、「あ、講演会に来ていた人だ」と思った。記事には、僕のあまり大学教員らしくない顔写真と「もうすぐ結婚式を挙げる」という記載があった。そして、同じ地域の集まりで、記事の写真と同じ僕の顔を見かけて、「結婚式はいつなの?」と話しかけたというわけだ。

僕が講演会を聞きにいっていて、彼女がたまたま近所に住んでいて、彼女がたまたま僕についての新聞記事を読んでいて、そして僕と彼女が同じ地域の集まりでたまたま顔を合わせたということ。そういう偶然の連鎖は、人生の中で意外とよく起こりうることなんだけれども、今回はその結節点に中日新聞があったことが面白い。

環境としての中日新聞。この地域で育ち、今再び暮らしている中で当たり前のように受け止めていたけれど、今回はその影響力を、さらに深く感じさせられた。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

夏の終わりと新聞記事

一昨日帰国し、昨日はプライベートな用事を片づけ、本日より入試業務その他。

あわただしく後期を迎えようとしているが、ギリギリまで可能な限り夏の海外渡航を続けたことを後悔はしていない。シンガポール、ソウル、マニラ、ボラカイ、上海、バンコク、チェンマイ、チェンライと、この夏は東アジアから東南アジアをよく歩き回った。新規訪問地も再訪地も刺激に満ちた発見や気づきが多く、これまでフィールドで感じたり考えてきたことが、さらに加速していることを確認することができた。次や次の次のステップへ、踏み出す希望と欲望の高まりを感じている。

帰国した日本はすでに涼しい。渡航中に掲載された、拙著の取材記事を確認する。中日新聞ということで読者が限定されているのがやや残念だけれど、記者の方がすばらしくわかりやすい紹介文を作ってくれた。以下、スキャンした原文を掲載しておきます。

Scan2_3

なぜか左隣は同じ研究科の町田教授の連載(2011年9月20日、火曜日、中日新聞朝刊記事)。

| | Comments (42) | TrackBack (0)

拙著、合評会開催のお知らせ

ソウルとフィリピン渡航から帰国した翌日、上海に旅立ちその後バンコクに到着した。初の大陸中国を面白く歩き語りながら、やはりどうも東アジアより東南アジアの方が心と体に適しているのではないかと、今さらながら気づき始めた。でも、それをどう言語化していいのかわからないから、とりあえず帰国までは後回しで。

『リアリティと他者性の人類学』、中日新聞掲載が目前です。20日の朝刊記事、どんな感じで読まれるのでしょうか。やや緊張気味です。

続いて、拙著の合評会開催のお知らせです。名古屋近辺の大学院生やODを中心に活動する「まるはち人類学研究会」が、拙著を取り上げ合評会の企画を立ててくれました。ありがたくも恐ろしい話です。できるだけ静かに、密かに終えようとも考えたのですが、やはり読んでくれた方々から少しでも厳しい批判をいただかねばと思い、ここに告知します。

------------
まるはち人類学研究会
第8回研究会

合評会 東賢太朗著『リアリティと他者性の人類学―現代フィリピン地方都市における呪術のフィールドから』 (三元社、2011年)

著者の東賢太朗氏をお招きして、合評会をおこないます。

10月22日(土) 15時-18時
会場:名古屋大学文学部棟
15:00-15:10 趣旨説明
15:10-15:50 著者による説明
16:00-16:25 ディスカッサント1
16:25-16:50 ディスカッサント2
17:00-18:00 質疑応答
-----------------

詳しくはここのウェブサイトをご覧ください。詳細な会場や現在交渉中のディスカッサントの方々など、決定したらまた続報をここにアップします。

Amazonやその他書店など、まだまだ在庫はあるようです。もしご都合が合えば、当日までに読んでいただいて、会場に直接お叱りにきてください。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

新聞の紹介記事

フィリピン・ボラカイ島より、ずいぶん久しぶりの更新。

この夏はシンガポールやソウルでフィリピン人移民労働者についての新たな調査を開始したり、ボラカイ島で観光についてなかなかいい発見があったりと、フィールド中の刺激はやはり強く、そのあたりのことをブログに書きたいと思いながら、宿題で持ってきた原稿に追われていたりする。

今日はとりあえず、告知だけ。拙著、『リアリティと他者性の人類学』刊行後2ヶ月経過したところで、初めてメディアで紹介されることになりました。9月20日の中日新聞朝刊文化面に、拙著の内容を中心にした取材記事が掲載されます。「ひと・仕事」欄ということで、著者の人物紹介なども含めたもの。記者さんから送られてきた原稿を読ませてもらったのだけれど、僕には書けない平明な文章で新聞の一般読者の方にも興味を持ってもらえそうな内容です。東京新聞の方には掲載がないようなので、中日新聞エリア限定ですが、よかったら読んでみて下さい。僕は当日海外渡航中なので、買っておいてもらわないと。

今後、某学会誌での書評掲載が予定されていたり、某研究会で合評会が予定されていたりと、色々厳しく評価されそうだけれど、それもまたありがたいこと。あとは全国新聞の書評とかで取り上げてくれないかな。

今日はこの後、小雨が上がったらボラカイ島の裏表を歩き回る予定。猫とすれ違う度にむかごに会いたくて会いたくて仕方ない。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

書店にて

名古屋駅のジュンク堂。自分の著書が書店で売られている不思議さ。

撮影は妻がこっそりと。さすがに自分で撮影するのはためらわれました。

書店にて

| | Comments (6) | TrackBack (0)

刊行、販売開始

また告知です。

拙著『リアリティと他者性の人類学』、6月30日の刊行を経て、昨日辺りからネットでの販売が始まったようです。

アマゾン
楽天ブックス
ビッダーズ
丸善&ジュンク堂

ネット販売の間口の広さに驚くとともに、アマゾンの「5点在庫あり」っていう部数の少なさとか、丸善&ジュンク堂の「文化人類学(各論)」というジャンル分けとか、楽天の「この商品に興味がある人は、こんな商品にも興味を持っています」になぜか銀色夏生とか『幸せなお金持ち』とか含まれているのとか、色々知らないところで様々な取り扱いをされているんだと不思議な気分です。

出版社の話だと、今日辺りから書店にも並び始めるらしく、時間があったら少し本屋でものぞいてみようかと。もし見かけた方がいたら、ぜひご覧になってくださいね。

ここ数日は、むかごの世話というか、お互いが生活環境に慣れるための様々なことに追われていて、他のことに手をつける余裕がありません。早く新メンバーとなじんで、「日常」へと回帰しなければと思う日々。でも、なつき始めた彼女がひざの上で眠るのをずっと眺めていたり、猫じゃらしで一緒に遊んだり、幸福な時間が増えたことは間違いありません。このブログも、当分は拙著の宣伝と、むかごの親ばか自慢に集中しそうです。

さあ、もう一遊びして、彼女がつかれきって寝るのを待って仕事に戻ろうかな。

2011062920400000

| | Comments (15) | TrackBack (0)

訂正

『リアリティと他者性の人類学』、以前定価を税込5000円と告知しましたが、5250円でした。お詫びして訂正します。

今日、名大の生協書籍部に用事があって行ったついでに、「あの、僕ここの教員で、最近本を出したんですけれど、どうやったら取り扱ってもらえますか?」と恐る恐る尋ねたら、「タイトルは何ですか?」と書きとめてくれて、「入れておきますね」とにっこり笑ってくれた。生協の対応、優しすぎ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日常 研究生活